日々日和 -nicHi nicHi Biyori-

   あなたの”今日”はどんなものでしたか? -How about your "TODAY"?-
 スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* by スポンサードリンク * * - * - * - *
 cross-sectional × longitudinal -社会調査法-
アンケートとかを実施する際の、調査設計時における設計方法の構築に用いられる手法について、ちょっとした疑問が浮かびましたので書きます。

調査方法には、大きく分けて2つ。さらにその片方を細かく分けると3つに分けることができます。

○横断的研究(cross-sectional study)
○縦断的研究(longitudinal study)

縦断的研究をさらに分割すると、

○トレンド研究(trend study)
○コーホート研究(cohort study)
○パネル研究(panel study)

とに分けられます。

横断的研究とは、ある特定の母集団や現象の標本、あるいはその断面図を一時点で観察する方法。
縦断的研究とは、ある特定の母集団や現象の標本を長期間に渡って観察する方法である。
しかし縦断的研究を行う上で発生する問題点。
量的調査は長期的変動を見るのに最も有効な手段ではあるが、たとえば、大規模なアンケート調査などのような量的に多量の研究となると、調査にかかる時間やコストといった面から実施がかなり難しなるという点があがってくる。

そこで先に述べた3つの方法があがってくる。

トレンド研究は、ある母集団における、長期的な変動を追う調査。
コーホート研究は、ある下位母集団における、長期的な変動を追う調査。
パネル研究は、ある特定された同一の対象者、標本を継続的に調べる調査。

これらを使い分けることによって社会調査を行っていく。

ここで疑問点。
横断的研究を何度も行い、その研究事例同士を比較する行為は、縦断的研究と言えるのではないだろうか?
またさらに細かく言えば、横断的研究とトレンド研究は母集団を対象としているという点から、同じとまではならなくとも似通った調査となるのでは?
しかし、横断的研究はある一時点でのスナップショットを研究の目的としているのに対して、トレンド研究はある事象の長期的変動を研究目的としているので、その目的の面から両者は違う研究方法であるとも取れなくともない。

両者は共にニュアンスが似ているため、「ここが違う!」といった決定的な相違点をはっきりと述べられない。

この2手法を明白に分けるにはどうしたらいいのでしょう?
* by HiRocky * 00:20 * 社 -sociology- * comments(0) * trackbacks(0) *
 スポンサーサイト
* by スポンサードリンク * 00:20 * - * - * - *
* TOP *
Comment









http://nnbiyori.jugem.jp/trackback/232
Trackback
 Calendar
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
 New Entry
 Category
 Archive
 Recent Comment
 Recent Trackback
 Profile
 Recommend
 Recommend
www.flickr.com
hirocky_sato's photos More of hirocky_sato's photos
医龍 -Team Medical Dragon-
医龍 -Team Medical Dragon-      / 乃木 坂太郎 永井 明 チーム・バチスタの栄光
チーム・バチスタの栄光 / 海堂 尊 3Dコピーライティング
3Dコピーライティング / 栃内 淳 渋谷ではたらく社長の告白
渋谷ではたらく社長の告白 / 藤田 晋 The Last Words
ドラッカーの遺言 〜The Last Words〜 / Peter・F・Drucker The Goal
The Goal―企業の究極の目的とは何か― / Eliyahu M. Goldratt
 Links
 Others
 Search
Photo Material by lebellion
Material by Cheerful